解約返戻金を活用します

説明

新商品が多数あります

節税対策で経営者保険を活用することは広く一般的に行われています。税制が改正されて逓増定期の保険料が税務上の経費として半額しか認められなくなって10年になります。残りの半額は資産計上になります。税制改正前は保険料の全額が税務上の経費として認められていました。逓増定期の代替商品として節税対策の経営者保険の新商品が続々と開発されています。黒字経営をしている企業が節税対策を検討するのは当然のことであって、顧問税理士も節税対策を提案します。償却資産の購入などの節税対策もありますが、金融商品での節税対策のメリットは換金性が高く、流動性が高いことです。保険は金融商品ですので簡単に現金化できます。節税対策の保険は契約から一定の期間が経過すると解約することが前提になっています。解約して受け取る解約返戻金は税務上の益金になりますが、役員退職金などの税務上の経費にできる支出があれば、解約返戻金に課税されることもありません。経営者保険を活用した節税対策は税の繰り延べであって、解約返戻金を受け取る際の対策が重要になります。近年は国内の大手の保険会社や外資系の会社が、節税対策の経営者保険の新商品を多数開発しています。法人にとっては選択肢が増えており、東京オリンピックを控えて企業業績が全般的に良好であることを反映しています。そのような時代背景があることから、節税対策の経営者保険のニーズが高まって新商品も売れ行きが好調なのです。

Copyright© 2018 家計診断のメリット【リスクと支払えるお金などを調べてもらえる】 All Rights Reserved.